大阪在住パドラー"かば"ののほほんカヤック記

5/3日置川流域へ

この夜は一晩中風が強かった。
そのおかげか、朝になってみると快晴。

この日の寝場所、中津野球場下の川原。


朝になると、ファミリーキャンプの人たちや、オープンカヌーのツーリングの人たちが降りてきて賑やかになった。
日高川の下流部を少し自転車で走ってみることにし、和佐駅にクルマを停める。のんびりした農村という感じだが、工場も少しはあるらしい。しかし、駅前に小さな集落がある他は田園風景。
あまり見るものないし別の地域に移動することにした。和歌山に来てから、山の中ばかり走り回っていたので、海辺も見たい。そこで国道42号線を南下することに。
田辺バイパスを経由し、日置川に向かう。この日まではっきりとは決めていなかったのだが、結局土地勘があるということで、過去訪れた川を巡る旅にしてしまう。日置川は二度下ったし、他に訪れたこともある。
遅く出発し、ゆっくりと走ったおかげで、日置川に到着したのは3時ごろ。
日置川流域は、日高川流域と比べてもさらに過疎地の雰囲気だ。ただし、海べりにはスーパーのオークワがあり、利便性は悪くない。
まず今夜の寝場所を見つけようと思ったが、あっさりと見つかった。紀伊日置駅から1~2km遡った日置川の川原。田野井という場所だ。赤い橋のたもと。工事中らしく重機が置いてあるのが残念だが、広い川原で寝心地はよさそうだ。

この日の寝場所。田野井の川原。


他にもいくつか川原を見たが、ここが一番良さそうだった。トイレポイントは紀伊日置駅ということになる。
この日はえびね温泉に入浴。昔はものすごく貧乏臭い温泉だったが、新しい風呂も出来てそれなりの温泉になっている。ただ、シャワーまで温泉の湯なのはちょっと閉口した。

えびね温泉の入り口。なぜか信楽焼のたぬきがいる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

計算してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

アーカイブ

カテゴリー

Twitter

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com