大阪在住パドラー"かば"ののほほんカヤック記

9/2名残りの日差し

9月になったが、相変わらず日差しは強い。
しかし、空には夏の名残の入道雲と、秋の鰯雲が共存している。
金曜日に秋雨前線が紀伊半島に雨を降らしたらしく、奈良吉野の水が増えている。(10時…1.47~14時…1.43/五条)そこで松田さん、秋山さんとメールを回して行くことにした。

第一の瀬がサーフィンしごろ。先々週よりさらによい。
うまい人、特に秋山さんはぐるぐるとスピンを決めている。

結局この日は第一の瀬が一番よく、そこでかなり長時間を費やした。
ただ、ここの瀬は流されると上がっていくのに距離があり、けっこう体力は消耗する。
この日、長袖のシャツを忘れた。(通常夏は半袖ジャケットに長袖のシャツを着用する。それも夏専用に、パタゴニアのキャプリーン素材のものを用意している。ラッシュガードなどは水に濡れた時に暖かい素材が使われていて、夏はかえってつらいからだ)半袖のままで漕いだので、両腕に名残の日差しが日焼けを刻みつけた。今もちょっとヒリヒリしている。
モンベルが国民宿舎の緑風荘を買い取って店舗にしているというので行ってきた。「本日の営業は16時~18時」と書いてあり、店内に入ることはできなかった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

計算してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

アーカイブ

カテゴリー

Twitter

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com