大阪在住パドラー"かば"ののほほんカヤック記

パドルの滑り止め

パドルの滑り止めには過去苦労していて、マーシャスのグローブを使うようになってから必要がなくなった、という経緯がある。

自己融着テープ+パーマセル

モンベルパドリンググローブは滑り止めがイマイチなので、パドルのほうに滑り止めを施した。

その頃の経験もあったが、とりあえずネットでパドラーの皆さんがどのように工夫されているのか、調べてみた。

と、自己融着テープを使った事例が複数ある。自己融着テープは電気工事などに使われる絶縁テープで、ビニールテープとは違い、テープの素材どうしが融着して塊になるというものだ。最初に、思い切り引っ張って幅が半分になるくらいまで伸ばしてから使う。これなら、家にあった。

巻いてみると、どうも表面がツルツルしている。まだ滑るような気がしたので、半分くらいにパーマセルテープを巻いた。これは撮影でよく使われるもので、紙ベースの低粘着のテープだ。紙だから表面はざらざらしている。

パーマセルは紙なので、一度漕いだらボロボロになるかと思ったが、意外にしっかりしていた。これで、モンベルのグローブでも滑らず、前腕の筋肉が疲れることもなくなった。

…って、何かちがうような気もするが、まあいいか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

計算してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

アーカイブ

カテゴリー

Twitter

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com