大阪在住パドラー"かば"ののほほんカヤック記

【奈良吉野川】鶯の声が聞こえた春の川下り

よく晴れた穏やかな日だった。

よく晴れた穏やかな日だった。

土曜日は晴れ水量もまあ適正とあって、ひとりでも自転車を積んで出かけていくつもりだったが、前夜にナベさんから連絡があってナラヨシに行くことになった。
メンバーは他にポーちゃんひとり。

到着してみると水はいつになく透明で、水量もよい。ただ、リアルタイム水量サイトが前日の朝で止まっていて、当日の水量がわからない。漕いだ感触では、1.5mはない感じだった。橋の下から出艇。

第一の瀬は楽しそうな感じだが、右岸がわの脇水路がこの水量だと通れなくなっていた。岩があちこち顔を出しているのだ。流れが変わっているのだろうか?

ぼちぼち遊びながら下る。去年の初夏シーズン以来なのだが、河岸でやっていた工事があちこちで進んでいる。ところどころ、巨大な擁壁が出現している。

こんなものを作って、誰得?

こんなものを作って、誰得?

あまり他にパドラーの姿を見かけなかったが、カルディアの瀬のところでふたりのパドラーに出会った。いずれも知り合い、MさんとKさん。一緒に天理教まで下ることになった。

波は低いが、遊びごろではある。

波は低いが、遊びごろではある。

のんびり下ったが、最後まで日差しはとぎれなかった。まだ桜は咲いていないが、暖かい春のダウンリバーだった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

計算してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

アーカイブ

カテゴリー

Twitter

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com