大阪在住パドラー"かば"ののほほんカヤック記

【高時川】新緑も迫る雪解け水のダウンリバー

P1000710

高時川は琵琶湖の北、湖北に位置する川。琵琶湖に注ぐのでこれでも淀川水系である。
これまで二度下らせてもらったが、1度目はかなりの増水状況、2度目は下れるギリギリの渇水状況だった。

湖北は春の訪れが遅いのか、大阪ではほぼ散ってしまった桜もちらほら見える。
今回は、ナベさん、ノム爺、カネコさんと私が大阪から、神戸からタケポー夫妻、さらにゲストとしてOさんを加え、7人という賑やかなメンバー。

水源と思われる山肌には少しだが溶け残りの雪も見える。まだ雪解け水が入っているせいか、水はきわめて冷たい。

出艇地は山の中で、それからしばらくは川幅も狭く森の中を縫って流れる。一見して、やや増水気味。しかし水はかなり透明である。

水位は0.77(川合/11時) 各瀬は岩が多いがそれらがほぼ水をかぶっているので、下りやすい状況だ。

動画も撮ったのだが、水が冷たいためレンズが曇る。けっこう曇ってばかりで編集して見せられるかまだ不明。

ただエディは少なく、あっても小さいのでつかまえにくい。プレースポットにはことかかないが、いずれもミニホールやマイクロウェーブのたぐい。なかなか止まっていられないので、けっこう早く下っていく。

P1000741

やがて盆地に出てきて、川幅も広がる。

ひとつひとつのプレーを楽しむというよりは、川全体を楽しむダウンリバー。

一日天気もよく、川そのものを満喫できた川下りだった。

タグ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

計算してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

アーカイブ

カテゴリー

Twitter

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com